上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「強迫神経症」から「うつ病」へ。


以前「強迫神経症」になった話しをしましたが(「こちら こちら」です)


もうその頃は川崎に引っ越していて、

まだ結婚していて子供は2人の時だったと思います。


「強迫神経症」は相変わらずで、事務所からなかなか帰れない日が続きました。

その頃バブル崩壊で、ばたばた企業が倒産し、私の仕事もどんどんなくなり、

そのうち、取引先もどんどんつぶれていきました。

仕事のない日々が続きます。

しかし相方は、まだ仕事があり、バンバン仕事をしていました。

なんだか居場所がなく、「出かけてくる」といっては、パチンコに入り浸り。

なぜかパチンコは学生時代から、強かったので、お金をつぎ込む事はなかったんです。


しかし、自営業で仕事がなければ、手持ちのお金を使っていくしかない。

次第に貯金がなくなっていきました。


そして体に異変が出てきたのです。

まず、朝早く目が覚めてしまうようになりました。

私はもちろん、なぜか分からず、何度も寝なおそうとするんですが、

眠れないんです。

こんな日が毎日続きました。


眠れない時ってつらいですよね。本当に辛かった。



私は考えました。「じゃあもう起きてしまえ!」

そして1番電車(朝4時代から始発が出ていました)に乗って

事務所へ。 

そして、仕事もないので、パソコンで、事務整理や日記をつけたり、

相変わらずパチンコへ。


しかし、寝不足が続いています。体がだるくなってきます。

事務所で横になって、寝る事もしばしば、

でも、寝れれば良いのですが、眠れない。そして胸の辺りが重く辛い。


その事を「代々木の森診療所(精神科の行きつけの病院)」の医師に

告げました。


「これはうつの症状ですね。少し薬を増やしましょう」

と「うつ病」宣言を受けました。


そうか「うつ」なんだ。 でも「うつ」って何だ?

私は「家庭の医学」で調べました(まだインターネットはやっていなかった頃です)


「だるい」「辛い」「やる気がない」「睡眠障害」・・・・

すべて私に当てはまりました。

この辛さが「うつ」なんだと始めて知りました。


相変わらず「強迫神経症」も直らない。それに「うつ病」にまでなってしまって。


お医者さんの「休養を十分取ってください」の言葉にも、

家内を心配させまいと、事務所には出勤。事務所で横になって休養。

こんな毎日でした。


そして、事務所がある場所、東京は代々木から、

住まいのある川崎の自宅の近くに、安いアパートを借りて、

そこを事務所にする事になります。



その経緯は、また後日にします。


↓1日1ポチが励みになります↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。