上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の話の続き、まずかかった「強迫神経症」の事。



私は「強迫神経症」なんだと分かって、結構有名な病院へ。

開業医で、その医師は、テレビにも出ていた有名人。


恐る恐る病院へ。 ちょっとためらいのあった後、心を決めて中に入りました。

ここは「内科」と一緒になってて、どの人が「精神科」か「内科」か

分かりません。


だから、ないかも併設しているのかなと妙に納得したものでした。


でも、問診は、看護婦が代理でやって、医者の診察は、2~3分。

「強迫神経症ですね。薬を出しておきます。」で終わり。

「え?、初診なのにこの時間?」


有名人だからこんなもの? 納得いきませんでした。

事務所に戻って、電話帳で、また調べました。

どこの病院が良いか分かりませんよね。

ましてや「精神科」他の人にも聞けません。


名前で選びました「代々木の森診療所」。

とあるビルの7階。

受付に行くと、「どなたかの紹介ですか?」の質問。

私「いや、電話帳で調べました」

「今日は3人の医師がおりますが、ご指名はありますか?」

私「いえ、ありません」と言うことで、待つことに。

2時間ぐらい待ったでしょうか?

名前を呼ばれて、診察室へ。

この時にお医者さんは「K」といって、ざっくばらんな人。

「私も安定剤飲んでるんですよ」っておっしゃる。

そして、30分以上話を聞いてくれて、なんだか安心して、診察を受けました。

逆になんだか安心。同じような症状をこのお医者さんは持っているんだって。


この時の薬は、忘れましたが、安定剤のようなものだと思います。

たぶん「レキソタン」だったと思います。

それに「ドグマチール」。

私は胃が悪く、長く悪かったのですが、お医者さんが、

「胃も、精神的なものじゃないですか?このドグマチールを飲んでみてください」

そして、ここから、精神科の薬歴が長く始まるのですが、

「強迫神経症」はなかなか良くならず、しかし胃の調子はぴたっと良くなりました。

「強迫神経症」はあせらず治すことにしました。


この日から、長い長い「ドグマチール」と「レキソタン」の薬漬けが始まります。


その後だんだん異変が起きてくるのですが、それはまた次回に。


朝方調子が悪かったのが、食事が済んで、次第に楽になってきました。

でもなんだか気分的にけだるいので、これから横になります。

また「次回」に。


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。