上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬に暑いというストレスがまた来る! 

こんにちは「なお」です。


これは何度か言っていますが、昨年の冬は、もう嫌というほど経験したので

また冬が来てしまったか。。。って言う気持ちです。

また言います。言って、ストレス発散です。


私は冬の寒いより、夏の暑い方が好きなんですが、

こと、暖房に関しては効き過ぎは辛いものがあります。

また昨日も、暑くて頭がぼ~っとすると思って、温度計見たら、31度。

暑いはずだ、で、1階に下りてリモコンを見てみると、

全部2階に暖房行くようになっていた。


以前はあまり説明していないのですが、全部屋集中冷暖房ですが、

1階2階の切替もついているんです。(もちろん両方の階にも)

父親がその辺メカ音痴。

昼間私の部屋は南からの熱で、部屋の温度が上がるので、今の時期でも

冷房を入れないと、暑くてたまらないんです。

だから1階に行かないように2階だけ冷房にしてたんですが、

私の家は吹き抜け。したにも冷気がいくんです。

知らない間に、父親が暖房を入れたみたいで、気がついたら31度。

1階に下りてみたら(1・2階の調節は1階にしか無いんです)

暖房入れて、ダイヤルは2階のみの設定。

これはたまりません。懇々と父親に説明したんですが、

分かったかどうか分かりません。

今はまだ何とか調節できます。

そして、室外との断熱効果がとてもすぐれているので、昼の暑さで、

夜も2階は暖房要らないんです。

だから、真冬は、1階だけ暖房でも、暖かい空気は2階に上昇します。

また30度越えの日々が訪れます。

窓(構造上小さい)をあけて空気を動かしても、30度割りません。

またストレスが大きくなるな~!

2階にエアコン入れたいけれど、高いし、家の構造上出来るかどうか分かりません。

それに全室冷暖房なので、エアコン代はバカになりません。

1ヶ月数万円かかっているんですよ。電気代別にしてです。

こんな不経済な家無いですよね。

いつもこの結論に行き着きます。なぜこんな設計したのか、私は猛反対したのに。

私は一級建築士で、会社勤めの頃100件以上の住宅を設計をしています。

最初は私が設計したのを、父親が無視して、親戚の知り合いに頼んでしまったんです。

いつも思います。「何で、こんな家。。。」ストレスの温床です。

この愚痴も今日で封印しましょう。でも1階と2階の戦いは続く!


ただですね、良いこともあって、暖房消しても、

夜寝るときから朝方まで余熱があって、

電気毛布がいらなくなったし、掛け布団1枚で十分です。

そして朝、寒さで布団から出るのが億劫という事が無いんです。

これは助かります。 悪い事だけじゃないんですがね。。。


101127-2.jpg
(今日の空っ:快晴!)

101127-1.jpg
(今日のお月様っ)


↓1日1ポチが励みになります。単なる数字なのに、不思議と励みになっています↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

コメント
こんばんは
憧れの吹き抜けでしたが、色々あるのですね。お察しします。
設計のお仕事されていらしたんですね。憧れます!
ドラフタ―はお使いでしたか?
知人が武藤工業にいたもので・・・
素敵なお写真にポチッ☆彡
2010/11/27(Sat) 21:28 | URL | サラ | 【編集
サラ さん
こんばんは。コメントありがとう。
吹き抜けは良くないですよ~。
上手く設計しないとプライバシーが守れません。
集中冷暖房なんかダメですよ~!上が常に暑くなります。
部屋ごとに部屋にあわせてが必要です。
ドラフター使ってましたよ。勤めてた4年間だけですが。
どうですか今日の調子は?
2010/11/27(Sat) 21:49 | URL | なお | 【編集
ウチは寒いです。
エアコンもボロくて利かないし。
今日は寒くて布団から出られません。
でも競馬中継が終わったら歩きに出るぞ!
今日は法事で両親がおらず、クソ親父様不在で精神的にリラックスできます。
2010/11/28(Sun) 15:12 | URL | こおろぎ | 【編集
こおろぎさん!
こんばんは。コメントありがとう。
暑いのも寒いのも極端は嫌ですね。
今日は外に出れましたか?
ほんと両親がいないとリラックスできますね。
2010/11/28(Sun) 19:03 | URL | なお | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。