上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武新宿線「中井駅」に住んでいた頃。「大塚駅」の前フリPART2


おはようございます。

昨日は皆さんに御心配おかけしました。

私もおかげで、少々睡眠不足ながらも、気が張っているせいか、

調子もまずまずで、2日間過ごしました。


さて今日のお題は「中井駅」に変更。

まだ「うつ病」とは全然縁がない学生時代の話です。

さて今日は、話が「大塚駅」迄、行くのでしょうか?

前回は「こちら」で。前回と表題を変えました。


まだ中井駅で~す。せっかくですから駅前の写真を載せてみました。


02_2.jpg

この写真のすぐ左が西武新宿線の中井駅の改札口になります。

ラーメン屋があるところに「DEN」という喫茶店がありました。

懐かしい! 私だけ感激に浸っております。

よく友人と入りました。もちろん彼女とも(うふっ!)

昔は喫茶店は何処にでもたくさんありました。


で、西武新宿線の「中井駅」に住んでいた頃が、

唯一私が自炊をした時期なんです。

冷蔵庫も買って(中古で、下から水が漏るんですww)、炊飯器も買って、

包丁やまな板もそろえました。

ただですね、今みたいに、大根半分とか小分けにして、

売ってないんですよ。

だから大根を1本買うと、料理は、大根の煮付け(これは自分ながらすごいと思いました)、

大根おろし、大根の味噌汁。と大根ばかりになります。

もちろんほかに玉子料理や、めんどくさい時は味付け海苔、おしんこも付け合せて。


良くやっていました。

キャベツを買ったときには、

肉を100グラムかって、肉キャベツ炒め、キャベツの千切り、キャベツの味噌汁

とね、キャベツ尽くしの料理になっちゃうんです。たまに肉だけ食べるのはご馳走でした。

おまけにまだ冷凍室なんて無い時代なので、お肉が知らない間に悪くなっていたんでしょうね。

急性腸炎になって、40度の熱出しまして、トイレに何往復もする状態で、懲りました。

食中毒の一歩手前のような感じです。


もう、自炊はしない。って、あきらめました。これがトラウマになっています。

それから今に至るまで一人暮らしのときは、自炊というものはしておりません。

インスタントラーメン、カップ麺くらいは作りますが、もう実家に帰るまでは

ずっと外食でした(コンビニ弁当や、大衆中華料理屋さん・洋食屋さん)。


ただ私はその頃特に胃が弱く、しょっちゅう胃もたれなど起こし、食欲がなくなり

医者へ通っていました。せっかくの料理も美味しく食べれなかった時期でもあります。

で、学生時代は「中井」に住んでいまして、やがて就職し、会社が山手線「御徒町駅」に

ありまして、西武新宿線「中井駅」-「高田馬場」乗り換えー「御徒町」

近いようで、西武線が各駅停車なので小一時間くらいかかりました。


map.gif



学生時代は良かったんですが、会社勤めは遅刻が出来ない。

1日10時間くらい寝ていた私にとって、朝はもっと寝ていたい!

もっと会社の近くに越したいと思うようになりました。

そこで、またアパートを探して、やっと見つかったのが、大塚駅で、1万8千円の

5畳ほどの、風呂無し、共同便所のやっぱりボロアパートです。


ここでの生活をまたいつか、お話します。

ここまで読んでくださってありがとうございます。かなり飛ばしました。

次は「大塚~!おおつか~!」です。

100904-1.jpg
(今日の空っ: 絵に描いたような快晴!)



↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




テーマ:小さな幸せ
ジャンル:心と身体
コメント
こんにちわ。
中井駅は懐かしいでしょうね。学生時代に住んでいた場所
は凄く懐かしいですね。
食生活大変みたいですね
大根1本自分一人のために自炊はあきますよね。
今は半分とか1/4とか売っていますが。
キャベツも1個はきついですね。
喫茶店や定食屋さんで均等に食べられるのがやはり良いですよね。
当時はコンビニもなかった時代でしょうから大変だったと思います。
今日の空は雲一つなく相変わらず暑そうですね。
2010/09/04(Sat) 11:42 | URL | たかでんです。 | 【編集
たかでんさ~ん。
こんにちは。コメントありがとう。
画像ってもう何でもあるんですね。
この風景画見れるなんて思いませんでした。
当時は、毎日通った風景です。
(本当は著作権があるんでまずいんですが)
でも、東京の小さな駅の駅前を見てもらいたかったんです。
大根1本もキャベツ1個も、確か最後は食べきれなく捨てたと思います。
一人では無理です。
それからは近所の食堂や、学食で食べていました。
近所の食堂も美味しかったですよ。でも件数が少ないんでやっぱり飽きてきます。
やっぱり母親の料理か、今はいませんが妻の料理が一番です。
2010/09/04(Sat) 12:46 | URL | なお | 【編集
ボクは、実は一人暮らしに憧れていたんです。
なにせ、父との確執があったので、早く家を出たかったんです。
ところが、病気になって、引きこもりになってしまい、それ以来、結局は一人暮らしの夢は叶いませんでした。今はもう、経済的んい不可能ですね・・・
大学時代は、地方から出てきていた人が多く、みんな下宿とかアパートに住んでいて、よく遊びに行きましたが、気楽そうでいいな~と感じていました。
ボクは料理が好きなので、たぶん、自炊でいたでしょうね。
東京は、通勤が一番のネックになるんですが、ボクも新宿に勤めていたので判りますが、山手線を利用するのは、イヤでしたね。
特に新宿などは、人が多過ぎです。御徒町なら、まだ多少少なかってでしょうね。
大塚って、駅から少し離れると、結構いい感じの住宅ですよね。
2010/09/04(Sat) 12:47 | URL | wow-spring | 【編集
wow-spring さん
こんにちは。コメントありがとう。
そうですね、一人暮らしは快適だったですね。
今もしたいですが、お互い無理なようですね。残念です。
みんなで集まって好きなものもってきて、飲み会したり、
雑魚寝したり、楽しかったです。
そうですねハルさんは自炊するでしょうね。その辺私は不器用なんでしょう。
電車通勤は嫌でしたね。
アパートを選ぶ時、東十条か、大塚かって2択になって、中心部に近いし、
電車が比較的混雑しない大塚駅にしました。
朝は皆中心部に向かうんです、そちらの電車が込みます。
大塚では内回りのほうが込みます。御徒町までは外回り(途中から込んできますが)東十条も中心部に向かう電車なので、大塚駅に決めました。
でも電車は私も苦手です。
2010/09/04(Sat) 13:10 | URL | なお | 【編集
こんにちは~。
当時は頑張って自炊をしてたんだね。
でも、そうだよね。昔は今みたいに大根4分の1とかキャベツ半分とかでは、売っていなかったもんね。
一人暮らしの人にとっては、大変だったんだろうなぁ。
でもかえって野菜が沢山摂れてて、良かったのかもしれないね。
その急性腸炎さえなければ、ヘルシーな食生活が続けていられたかもしれないのに…。残念。
2010/09/04(Sat) 16:44 | URL | non | 【編集
non さ~ん!
こんにちは。コメントありがとう。
ハイ、頑張って自炊しました。
何でも私は一度試してみる性格なんです。
そして、自分に合わないと思うと、もうやる気がなくなるんです。
急性腸炎は、先に熱が出て、風邪だと思い、内科に行ったんです。
なんだか古びた建物で、「大丈夫かな?」って思いながら受診しました。
おなかを触診した後に、「この後酷い下痢になりますよ」って、言われて、
意味が良く分からなかったのですが、「悪いもの食べたんじゃないですか?」
って言われて。 だから触診だけで急成腸炎が分かるなんて、
これは名医だ!なんて感心しちゃいました。
でも、急性腸炎無くても自炊は挫折したと思います。
あまり好きじゃないんですよね。 でもやらなきゃならないときが来るかもです。
頑張らないと。
2010/09/04(Sat) 17:35 | URL | なお | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。