上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は文章が下手なので、上手く伝わるかどうか分かりませんが、

今日は、お医者さんの事を話します。聞いてください。



私は、うつ歴が長く引越し歴が多いので、

何人かのお医者さんと、カウンセラーに相談に乗ってもらいました。

その結果、お医者さんとカウンセラーは、

鬱の経験者または、心の病を経験した人の方が出来るならば!と思いました。


そうそういるものではないのは分かってますし、

そうでないお医者さんも、それはそれでしょうがありません。


今まで、本当に、私のことをわかってくれていると思ったのは、

鬱になった事のある人だったし、その経験を生かそうとしてくれる人。


2人ですが、幸運にも私はお医者さんとカウンセラーに診てもらいました。


最初に、東京は「代々木の森診療所」でお世話になった先生は、

「私も安定剤を飲んでいるんですよ」(鬱かどうかは分からなかったんですが)

っておっしゃってました。

その先生は、じっくり話を聞いてくれるし、

私の話す事もちゃ~んと理解してくれるように感じました。

毎回30分は話を聞いてくれました。


その後、川崎のお医者さん。

最初は話は聞いてくれたけれど、そのうち、薬だけをもらいに行くようになっただけ。

診療も5~10分だけ。

何か話しても、本当に辛さはわかってくれていないな~って。



これは、私もいけなかったのかな~?もっと訴えないと。

でも他の人も診療時間は短かったんです。


川崎にいたとき、何とか良くならないかと思って、

インターネットで調べました。


そしたら、「横浜催眠心理研究所」と言うところを見つけました。

そこは、カウンセリング・催眠療法をやって、鬱を治すというもの。

最初は「催眠療法?」って思いましたが、

その時は「藁をもすがる思い」でしたから、勇気を振り絞って行って見ました。


そこは、ご夫婦と何人かのスタッフがいて、

最初に奥さんか、他のスタッフによるカウンセラーがあります。(1時間ほど)


実はこの奥さんが、私にとっては、ベストパートナーだったと言ってよいでしょう。

奥さんは、私も安心して信頼して、お話、相談が出来ました。

不思議と、安心して話をし、安らげるんです。

実は奥さんは「うつ」の経験があったのです。

やはり「うつ病」の経験があると、

本当に苦しさを分かってくれている、安心して話せる。

私には、天使のように見えました。


そしてその後ここのご主人が、催眠療法で治療してくれます。

ゆったりしたリクライニングのいすに座り、

ご主人の言う話を聞いているだけで、

気持ちが落ち着いて、眠りに入っていきます。

「本当な眠ってないんですよ。催眠状態に入っているだけです」

って、おっしゃってたと思います。

催眠術ではないんです。

詳しくは「こちら」をご覧ください。

こちらに4~5回通いましたが、調子も良くなり、薬も減らす事ができました。

残念ながら、私は九州に帰ることになり、催眠療法を断念。

本当に完治するかどうかは分からずじまいになってしまいました。

でも状態はかなり良くなったのは確かです。


その中で、私の言いたかった事は、カウンセリングは大事で、

鬱になった事がある奥さんは、本当によく話を聞いてくれたし、

私のことをよく分かってくれたな~って、思ったことです。


ただ、こちらの「横浜催眠心理研究所」は医療行為ではないので、

金額が高い事。がネックになりました。そうそうは行けなかったし、

行ってたら、良くなってたのかな~と言う思いもあります。


そして、九州に帰ってきて、まず病院探し、

地元なんで知り合いのお医者さんがいましたが、遠いので(原付で片道30分)

近くの病院を、ネットで探していきました。

しかしそこの医者は、人を上から見下ろす感じで、

私の目線の位置まで下がってくれません。ちょっとがっかり。

後で知りましたが、評判が悪かったようです。


そして、他のところで、カウンセリングを受けましたが、

丁寧に話は聞いてくれるんだけれど、私のことは本当に分かってくれない・・・

そんな感じがしました。値段の高い事もあって、そこは1度で行かなくなりました。


結局は、私の知り合いのところへ、原チャリで片道30分かけていく事に。

今もそこに通っています。

でもね、そこの主治医も、大学で一生懸命勉強したでしょう、

一生懸命話をしてくれるのですが、

何かが違うんです。

そうです、先ほどから言っている、私の辛さが本当に伝わっているのだろうか?

そう思うことがあります。これも仕方が無い事。

主治医も、鬱のことは、専門的に良く知っているけれど、鬱になった事は無いので、

鬱の本当の苦しさを分かっているのかな?って。

でもこれを言ってもしょうがないですよね。

一所懸命私のこと考えてくれてるのに、先生ごめんなさい。

これは仕方の無い事なんです。やはり患者さんの様子を見て感じ取るしかないですよね。

実際に感じた事は無いんですから。


今となっては「横浜催眠心理研究所」の奥さんのカウンセリングを受けたいです。

薬は主治医にもらって。 でも今はかなわないことです。


まあ、結局は、お医者さんに頼るしかないんだけれど、

お医者さんや、カウンセラーは、

鬱を経験した事がある人がいるならば、それが一番良いということを言いたかったんです。

現実的には、なかなかいませんけれど。


は~!早く良くなりたい!


↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメント
はじめまして
私は鬱歴4年位ですが、やっぱりそう思います

鬱になった事がある先生がいいと。

今の先生は4人目で、一番まともだと思いましたが、最近「やっぱりわかってくれてない」と感じていました

でも、鬱になった経験がある先生って、なかなかいませんよね・・・
特に私の所は田舎だから・・・・

最近、このままで私良くなるの?と、思っています
2010/01/16(Sat) 11:02 | URL | hikari | 【編集
hikari さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

うつ病は、自分の話を分かってくれるお医者さんがよいですよね。

でも私の言ってる事は理想論ですね。

鬱になった経験がある先生はまず、いないでしょうね。
それはしょうがない事ですね。

ただ親身になれば、多少は通じるのでは(希望的観測ですかね~?)
私の病院では、みんな診療に5分くらいで出てきます。
これじゃ、ほとんど内容が無いですよね。

患者もあきらめているんでしょうか?

私が最初行ってた「代々木の森診療所」は診療まで
最初は2時間くらい待ってました。
結構話を聞いてくれるところでした。
そのうち予約制になったのですが、それでも結構待ってました。
ずいぶん前なので今はどのようになったか分かりませんが。

でも、でも、患者は分かって欲しいんですよね。
分かって欲しいんで、このブログ立ち上げました。

お医者さんも読んでるのかな~?

難しいですね。
2010/01/16(Sat) 11:48 | URL | なお | 【編集
はじめまして。
はじめまして、足跡から飛んできました。じゅんなりーふと申します。

先生によって違いますよね。診察時間から内容から…

今の主治医は安定剤を服用しているようで、とても理解があるように思えて…なので鬱になったことのある先生が、というのは的を得ているように思います。

ちなみに…私も強迫性障害です。今は強迫よりもPTSDのほうが症状が強いですが、強迫が酷いときは精神科に入院したくらいです。強迫性障害、辛いですよね。

お互い病気とうまく付き合いましょう。
2010/01/16(Sat) 22:32 | URL | じゅんなりーふ | 【編集
じゅんなりーふ さん
コメントありがとうございます。

PTSDも辛いでしょう?

今度ゆっくりブログにお邪魔させていただきます。

おだいじに。
2010/01/16(Sat) 22:47 | URL | なお | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。