上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

今外を見たら、ちょっと雨が降ってたみたいです。

久しぶりの雨です。 調子は、少しうつうつです。


なんだか一昨日から、チョイうつ状態が、時々顔を出し、一昨日は頓服飲みました。

でも毎日、一時的なんです。

こればかりは、前もってわかりませんからね。

雨だし(やんでる様にも見えますが)チョイうつだし、

今日は散歩はやめにしておきます。


先日、大分川の散歩の時に、対岸にこんな看板を見つけました。


sannp 101758
(クリックすると大きくなります) 


「OBSラジオ」大分の民放のラジオで、昔の事を思い出しました。


今「オヤジバンド」を一緒にやっている「I」と、このOBSラジオに

バンドとして、出演した事です。高校2年の事でした。

「音楽部(合唱部)」で知り合った「I」が或る日突然レコードを持ってきて、

「この曲一緒にやらん?」 この一言が「オヤジバンド」のルーツです。

そのレコードとは、皆さんはご存じないと思います。

「小さなオルフェ」という「金森幸介」がいたバンドなんですが、

「金森幸介」もわからないですよね。(汗) 曲は「みずいろのポエム」という曲です。

You Tube に無いか調べたんですが、原曲は無く、他のアマチュアバンドがやっていて、

悔しいので、ここには載せません(笑)


でこの曲を練習して、「I」が交渉したのかな?「OBSラジオ」に出演しました。

高校生の時に公共の電波に乗ってしまうということは画期的なことです。

アマチュアフォークバンドで、ラジオに出たのは、

私たちが、初めて?!ではないでしょうか?

まだそんな時代です。1970年頃のお話です。


その後、その「I」とは、バンドをやり続け、今度は、1学年下の「K子」が、

バンドに入り、3人で再びOBSに出ました。

4組出場して、チャンピオンを争うといった形式のもの。

残念ながら私たちは2位。

出演料(交通費?)を3千円もらって、

ラーメン屋で打ち上げをしたことを懐かしく思い出します。


そうそうその時の女子アナウンサー(当時大学出たてのアナウンサーで、

今と同じ花の女子アナですよ。あこがれたものです。)とは、

今でも交流があるんですよ。当時、私たちをかわいがってくれて、

喫茶店で、コーラフロートをご馳走になったことを覚えています。


今で言えば「高島彩」と仲良くさせてもらっっているようなもんですよ!

(そこまで言うか!(笑))

地方の民放とは言え、これは私たちにとってはすごい事でした。


昨年の12月の私たち「オヤジバンド」のライブにも来てくれました。


で、「I」と一緒にやった曲を探しました。1曲ありました。

これは「谷村新司」が「アリス」になる前に組んでいた

「ロック・キャンディーズ」というバンドの「春は静かに通り過ぎてゆく」

という曲です。

良かったら聞いてください。





彼と、また30数年後にバンドをやることになるとは

その時は夢にも思いませんでした。


↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




コメント
ラジオ出演について
こんにちわ。
なおさんは高校生の時ラジオ番組に出演されたのですか。
すごいですv-10
おやじバンドの元になったのですね。
これからも活躍して行って下さい。
2010/05/06(Thu) 13:10 | URL | たかでんです。 | 【編集
たかでん さ~ん!
こんにちは。
えへへ!なんか自慢話になっちゃいました。
でも、今でも思います。
人が、人前がこんなに苦手なのに、バンドで表現する事は、
今も昔も出来るんですよね。不思議です。
ありがとうございました。
2010/05/06(Thu) 14:45 | URL | なお | 【編集
ロック・キャンディーズ。谷村が昔やっていたバンドとして、名前は知っていましたが、当時リアル・タイムでは聴いていないし、そんなに売れていないので、聴いたことはありませんでした。
まさに、70年代初期のフォークって感じですね。
それも、反戦歌とか唄っている人たちとは違う、世界。森山良子とか、どちらかと言うと、のどかな感じの世界ですね。
何だか、パンタロン・ジーンズにチューリップ・ハットが目に浮かびます。
あの牧歌的な時代が懐かしいですね。あの時代には、鬱なんて想像もしていなかったです。
それにしても、ラジオに出演したとは、スゴいですね。
ボクらがバンドをやっている時代は、ヤマハのポップコンが旬でした。
チャゲ&飛鳥とか、長渕とか、世良とかの時代ですね。あの当時は、結構ポップコン出身の歌手が増えて、それまでの反社会的なフォークの世界とは変わりましたね。
ボクらは、そのポップコンに出るのが夢だったことを想い出しました。
2010/05/06(Thu) 15:31 | URL | wow-spring | 【編集
wow-spring さ~ん!
こんにちは。

私は実は、反社会的歌はあまり好きじゃないんです。
私がバンドを始めた時は、「フォーク・クルセダース」や「岡林信康」ぐらいしかコピーするバンドは無く、コピーしながらも、なんか違うなって思っていました。
「赤い鳥」が出てきた時には衝撃と、こんな音楽がやりたかったという気持ちで
いっぱいになりました。それから、いろんなバンドが出てきました。
「I」が持ってきたレコード、「みずいろのポエム」もラブソングですし、
「春は静かに通り過ぎてゆく」も心地よくて、こちらの方の世界にはまりました。
私たちが高校生の頃には、地方では、まだアマチュアが参加する番組は無く、
私たちはその走りだったと思います。
中央では、「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」が一番有名で、
「赤い鳥」「オフ・コース」「チューリップ」などが入賞してメジャーになりました。
そんな時代に、地方のラジオ局に出ていたんですね。
今考えると、すごい事ですね。音源が残っていないのが残念です。
この「ロック・キャンディーズ」の曲を聴いて、パーカッションがもしかしたら
「アリス」の「矢沢透(キンちゃん)」ではないかと思う位タッチが似てますが、
違うんでしょうか?調べても出てきません。
昔のバンドの事をたどっていくと楽しいですよね。
ヤマハのポップコンは、私たちには、届かない存在でした。
ハルさんポップコンに出ていたら、メジャーになってたかも知れませんね。
ありがとうございました。
2010/05/06(Thu) 16:19 | URL | なお | 【編集
凄いですね~♪
そして今でも交流があるというのは、とても暖かいですね
何だか読んでいて、とても暖かい感じに満たされました
ありがとうございます♪
2010/05/06(Thu) 20:14 | URL | ラスカルっ | 【編集
おやじバンドには、そんなルーツがあったんですね。
でも高校生でラジオに出て、再度出演して2位っていうのも、かなり凄いなぁ。
女子アナさんとの交流が続いてるっていうのも、凄いと思う。
これからも頑張って、メジャーになって~。
でもって、今のうちにサインもらっておこうかな(笑)。
2010/05/06(Thu) 20:38 | URL | non | 【編集
ラスカルっ さん
こんばんは。
高校のバンドをやった連中との交流もそうですし、
それをずっと見ていてくれた、元OBSの女子アナの姉さんも
交流があるのが自分たちでもびっくりしています。
つながりは貴重です。
ありがとうございました。
2010/05/06(Thu) 21:00 | URL | なお | 【編集
non さ~ん!
こんばんは。
オヤジバンドは、「この曲一緒にやらん?」から始まり、
ラジオ出演を経験して、高校時代で、一旦ストップ。
私が大分に2年半前帰ってきて再び始まったわけです。
バンドのもう一人のメンバーの事はまたの機会に。これもエピソードあります。
女子アナの姉さんが、ライブにきてくれて、嬉しかったです。
私たちは50代、姉さんは還暦過ぎていますが、
いまだにポップな感じで、とても年齢には見えません。
若いですよ~!
で、サインは何枚ほど?(笑)
2010/05/06(Thu) 21:06 | URL | なお | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。