上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。


今日は、3年位前に起こした、(いや被害をこうむった)原付バイクの事故の

話をします。少し長くなるかも。


最近の軽い自爆事故は「こちら」に書いています。


まだ川崎に一人で住んでた頃のお話です。

バツ一で、家族と別になったら、車って、使わないものなんですね。

川崎も電車社会、遠くに行くのは、郊外型の家電量販店位。全然乗らなくなったんです。

でお金は色々とかかるし、だから車を売って、原付バイクを買いました。

これでだいたい用は足りました。(それから私はずっと、原付バイク)


で、或る日、バイクでお出かけしようと思って、

少し遠出をすることにしました。

まだこの頃は、うつの調子が良い時は、結構出かけていました。

今からは考えられないくらい。


その時の事故。 

川崎の幹線道路、でも歩道付きの片側1斜線、で、ちょっと渋滞気味でした。

でもバイクは車と歩道の間を、すいすいいけます。原付バイクに渋滞は無し。

といっても間は狭いですから、20キロくらいのスピードで走っていました。


と、そこから突然記憶がなくなり、気が付いたら、救急病院で全部の検査が終わった後。

「えっ?何が起こったの?」


ここからは後で聞いた話です。車にぶつかった瞬間も記憶に残ってないんです。

私が車と歩道の間を走っていて、交差点はまだ先なので、安心して走っていました。

そしたら、ある車が、突然歩道の方にハンドルを切りました。まさか、交差点でもないのに。

後で聞くと、ちょうどコンビニに買い物があったので、左折したとの事。

そこにちょうど私のバイクが。 跳ね飛ばされて私は歩道に叩きつけられたようです。

相手が後方確認しなかった、不注意によるもの。


で、私は、完全に意識を失っていますから、加害者もあわてた様子。

同乗していた、奥さんが救急車を呼んでくれたみたいです。目撃者はたくさん。

警察も来たんでしょうが、全然知りません。意識がなかったですから。


私の検査の結果は、鎖骨骨折、肋骨骨折、手の甲の外傷、頭の外傷、脳には異常なし。

結局ケガだけですみました。(ムチウチがないのが助かりました。

これで苦しんでいる人はたくさんいます。)

ヘルメットをしているのに、頭に外傷。これは相当酷くぶっつけたのでしょう。

ヘルメットは命の恩人です。頭の中身はなんともなかったし。


一番大きかったのが、左鎖骨骨折なんです。

鎖骨は完全に折れてて、ずれて離れた状態でありました。

まっすぐにしてボルトを埋め込めば外からわからなくなるという説明。

しかし入院2週間。

私は自営で仕事をしていたので、入院は出来ないと、手術を拒否。

補正のベルトで、締め付け、骨を自然にくっつける事にしました。

人間の体って、不思議です。ベルトを使っているとはいえ、離れていた骨同士が、

呼び合うようにくっついていくんですから。


そんな診察が終わった後、加害者が来て、深々とあやまりました。

こんな時不思議ですね。怒りまくってもよいのに、加害者もショックだろうと思い、

優しい言葉をかけている自分がいました。 何でだ!


ただその加害者、その後は電話が1回来ただけで、

改めてお詫びに来るという事もなかったんです。 冷たいもんですね。


その鎖骨、今は、ずれたままで重なってくっついています。(段違いで)

だから重なっている分、私の左肩幅は、狭くなっているんです。

よく比べてみると分かります。

このずれていたのが、後遺症として認められ、補償の等級でしたか?

これが2つ上がりまして、確か12級だったと思います。

14級と12級じゃ、慰謝料がかなり違っていまして、金銭的には助かりました。

仕事の方も火の車でしたので、お金は体で稼げ??? いやいやこれはもう嫌です。


手の甲などの痛みなどもあったので、リハビリには結構通いました。

(面倒くさいものですね)


安全運転をしてても何処で事故にあうかわかりません。

完全に相手方が悪いわけですから、ただ、私もゆっくりですが走ってたので、

(1:9)の過失割合になりましたが。

ただヘルメットは私を救ってくれました。命の恩人です。


私が最初に、原付バイクに乗ったのは、30年前くらいで、その時はヘルメットは

着用しなくても、交通違反ではなく、指導という形でした。なんとも甘い規則でした。

だからヘルメットしている人は少なかったですよ。だから死亡事故も多かった。

その時は事故もなく、運動不足で、電車で立ってるのも疲れるという状態になったので、

2年くらいでバイクはやめました。



実は後日談がありまして、

その鎖骨を折ったバイク事故の治療が終わろうとしていた頃の話。

私は、通ってた整形外科に自転車で、行く途中でした。

車が止まっていたので、その右を追い越す形で走ってたら、急にドアが開いて、

私はまたも跳ね飛ばされました。今度は右側に。

このときは、手を突き、頭は打たなかったですが、手と足に外傷。

警察が来て、自分の足で、その整形外科に行き、また検査。

お医者さんと、顔を見合わせ「また?」といわれて、双方苦笑いです。

このときは大事に至らなかったんですが、ドアの開くタイミングによっては、

頭を打ったかもしれないと思うとぞっとします。


この2回の事故で、私は車の横を通る時は、必要以上に緊張します。

怖いです。


皆さんも原付バイクや、自転車に乗っているときは、十分注意をしてくださいね。

車に比べて、完全無防備ですから、大怪我になります。死と隣り合わせです。


そんな事故の事でした。

私も波乱の人生だ!(--;



追記:今日は天気もよく、気分も良いので、久しぶりに、散歩に行ってきました。

30分くらい歩いてきました。気持ちよかったです。 

やっぱり調子が良いといいな~(^0^)


↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ




テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体
コメント
連続で2回も酷い目に遭っちゃいましたね。
鎖骨のズレだけで済んだなんて、まさに不幸中の幸いですよ。
ヘルメットって本当に大事なものなんですね~。
私も車で左に停車している車の横を通る時は怖いです。
相手がちゃんと確認してからドアを開けるかどうかが怖いんです。
バイクや自転車みたいにモロにっていう事はないにしろ、車ですから、ある程度の速度で走ってますもんね。
私も気を付けよう。
なおさんも、二度とそんな事にならないように、十分に注意して下さいね。
今日はお散歩に行けたんですね~。
気分良く歩けましたか?
明日もお天気みたいだけど、どうかな…。
2010/04/08(Thu) 16:04 | URL | non | 【編集
ボクも散歩行った~♪チャリで(笑)

ボクも五年前事故に遭った時は…びっくりして泣きました(笑)
右折車に巻き込まれたの。急発進して右に曲がるから避けれず直進の信号待ちの車にガリガリーッと、何とか止まりましたが…左足首を車とチャリに挟まれ…
鞭打ちになり捻挫とで全治一ヶ月。後遺症で足首が脆くなってくじりやすいです。
警察官が車の相手を見てね、て、見てられるかー!w
慰謝料は何故か親の懐にww
2010/04/08(Thu) 16:19 | URL | にょーん | 【編集
non さ~ん!
こんにちは。

停車中の車は怖いです。
普通追い越すときは、そのドアの分を意識しながら、
離れて、通るんですが、
ちょうどその時は対向車が止まってくれまして、「お先にどうぞ」だったんです。
対向車がいたからこそ、止まっている車の脇を通ってしまったんです。
いわゆる、「サンキュー事故」って、言う事になるんでしょうか。
それからはいつも怖くて。

今日は、風もなく良い天気で、久しぶりだったので、
こんなに散歩って、気持ちよかったんだ~!と思いました。
しかし明日の予報は傘マークがあります (ーー;
なんだか毎日替わりですね。

天気予報が外れますように^^

どうもありがとう!
2010/04/08(Thu) 16:24 | URL | なお | 【編集
にょーん さ~ん!
こんにちは。
右折車も事故が多いですね。バイクやチャリを巻き込んでの。
ムチウチは、治りました? これ長引く人多いですからね。
でも足首はずっと後遺症に悩んでるんだ。
こういうのって、慰謝料で、見てくれないんですよ。
自覚症状とかも、痛いだけじゃ、ダメなんですよね。
レントゲンにしっかり写ってるとか物的なものが無いと。

え~?痛い思いして、慰謝料は・・・ですか?
今からでも遅くない!後遺症に苦しんでいるんだから~!
もらいましょう、しっかり(^-^)

そうそうチャリの散歩はいかがでした?
さわやかな風を感じてきましたか?

どうもありがとう。
2010/04/08(Thu) 16:49 | URL | なお | 【編集
事故って、何度経験してもイヤなものです。
事故連鎖もあるし。
ボクは原付バイクで単独事故を起こして、その2日後に、車で大きな事故に遭遇しました。人生が変わる程の惨事でした。
ので、事故に関しては大きなトラウマを抱えています。
それでも、原付バイクや自転車での単独事故を何度も経験しているのは、
懲りない人間ということでしょうか。
あるいは、ウツって、注意力が散漫になるし、事故を起こし易いこともありますね。
ともあれ、気を付けたいと日々、感じています。
色々な事故で、体にも心にも後遺症があります。
これらを克服していかないと、経験を活かせない気もしています。
ちなみに、近所に住む高校時代の同級生は、昨年離婚しましたが、
やはり家族用の大きな車から中古の軽自動車に変えました。
一人になると、行動範囲が狭くなるみたいですね。
ずっと独身のボクには判らないことですが・・・
2010/04/09(Fri) 06:54 | URL | wow-spring | 【編集
wow-spring さん
おはようございます。
事故は本当に嫌なものです。
救われるものがひとつもないですから。
wow-spring の事故経験は、ブログを読ませていただいて、
拝見いたしました。
これは心身ともに、後遺症が残る事故ですね。
注意力散漫である事も確かだし、
いくら注意していても、起こってしまうのが事故です。
ドライバーの一人ひとりが、意識すれば、その分減ってくるものだと思います。
事故は嫌です。
ありがとうございました。
2010/04/09(Fri) 10:02 | URL | なお | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。