上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山手線「大塚駅」に住んでいた頃。PART3


おはようございます。

今日の大分はほぼ快晴。


昔を自分で懐かしむ時間がやってまいりました。(時々これやっています)

(もちろんまだ「うつ病」になっていない頃の話)3回目です。「PART1」「PART2

東京を知らない方ごめんなさい。

map.gif
(山手線1周1時間くらいです)


え~!就職して「御徒町」に通勤となって、「高田馬場」で乗り換えての通勤が

きつくなった頃、「大塚駅」にアパートを借りました。

まず。残業がその頃で月に50~60時間あったこと。電車が嫌いな事。の理由で

変わりました。


その当時の駅舎の写真があります。こんな感じ。

100910-1.jpg


これは「駅wiki」からお借りしました。

今の駅も載っています。ずいぶんきれいになったんだ~!

で、就職したら、皆風呂付のアパートまたはマンションに引っ越すのですが、

私は家賃にお金を4万円も5万円も出すと言うのが考えられずに、

だってもったいないじゃないですか。(初任給8万7千円でした)

だから風呂なし共同便所のボロアパートです。それでも家賃は1万8千円。

1976~7年だったと思います。山手線は高い(前の家賃は1万円)。


デモね。残業が多いでしょう。そうすると帰りがかなり遅くなったりするわけですよ。

困る事があるんです。銭湯がしまっちゃうんです。

そんなときは体を拭いて、流しで頭を洗っていました。(普通の水道水です)

夏はいいです。冬は冷たいと言うか、強烈に痛いんです。ガンガン来ます。

それでも、アパートは変わる気がしなかったですね。

それより、独身貴族です。好きなレコードバンバン買っていました。

コンサートもバンバン。「イチゴ白書をもう一度」もバンバン!(笑)


食事も、自炊はやめましたので、外食。大塚は美味しいところがたくさんありました。

まず夫婦でやっている、定食や。カウンターだけです。料理は小皿をいくつか頼みます。

美味しかったのが、揚げ餃子とちくわのフライ。 ちくわのフライは絶品なんです。

後は冷や奴とか、コロッケとか、そういう感じでいくつか頼んでも500円いきません。


もうひとつ思い出深いのが、大塚駅北口近くの「角海老ボクシングジム」がありまして。

そこの練習生が働くための、料理屋がありまして、焼肉定食が美味しかったんです。

皆黙々と料理を作っていたのが印象的です。


東京の人「角海老」ってもう2つ事業があるんです。知っています?宝石業と、

風俗、(「トルコ風呂」と当時は言っていました。今の「ソープランド」です。)

これはトルコ大使館からクレームがつきまして、名前を変えたといういきさつがあります。

「トルコ角海老」は私の帰り道にありました(^0^)

私行ってませんよ。(たぶんww)

朝8時半までに出社、だいたい夜の10時頃帰宅する生活がつづきました。

会社は建設会社。(そのことは次回へ)


そんな「大塚」での生活は、23歳頃から結婚する30歳までの話です。つづく。。。


100910-2.jpg
(今日の空っ)


↓1日1ポチが励みになります。どれでもひとつ↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。