上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武新宿線「中井駅」に住んでいた頃。「大塚駅」の前フリPART2


おはようございます。

昨日は皆さんに御心配おかけしました。

私もおかげで、少々睡眠不足ながらも、気が張っているせいか、

調子もまずまずで、2日間過ごしました。


さて今日のお題は「中井駅」に変更。

まだ「うつ病」とは全然縁がない学生時代の話です。

さて今日は、話が「大塚駅」迄、行くのでしょうか?

前回は「こちら」で。前回と表題を変えました。


まだ中井駅で~す。せっかくですから駅前の写真を載せてみました。


02_2.jpg

この写真のすぐ左が西武新宿線の中井駅の改札口になります。

ラーメン屋があるところに「DEN」という喫茶店がありました。

懐かしい! 私だけ感激に浸っております。

よく友人と入りました。もちろん彼女とも(うふっ!)

昔は喫茶店は何処にでもたくさんありました。


で、西武新宿線の「中井駅」に住んでいた頃が、

唯一私が自炊をした時期なんです。

冷蔵庫も買って(中古で、下から水が漏るんですww)、炊飯器も買って、

包丁やまな板もそろえました。

ただですね、今みたいに、大根半分とか小分けにして、

売ってないんですよ。

だから大根を1本買うと、料理は、大根の煮付け(これは自分ながらすごいと思いました)、

大根おろし、大根の味噌汁。と大根ばかりになります。

もちろんほかに玉子料理や、めんどくさい時は味付け海苔、おしんこも付け合せて。


良くやっていました。

キャベツを買ったときには、

肉を100グラムかって、肉キャベツ炒め、キャベツの千切り、キャベツの味噌汁

とね、キャベツ尽くしの料理になっちゃうんです。たまに肉だけ食べるのはご馳走でした。

おまけにまだ冷凍室なんて無い時代なので、お肉が知らない間に悪くなっていたんでしょうね。

急性腸炎になって、40度の熱出しまして、トイレに何往復もする状態で、懲りました。

食中毒の一歩手前のような感じです。


もう、自炊はしない。って、あきらめました。これがトラウマになっています。

それから今に至るまで一人暮らしのときは、自炊というものはしておりません。

インスタントラーメン、カップ麺くらいは作りますが、もう実家に帰るまでは

ずっと外食でした(コンビニ弁当や、大衆中華料理屋さん・洋食屋さん)。


ただ私はその頃特に胃が弱く、しょっちゅう胃もたれなど起こし、食欲がなくなり

医者へ通っていました。せっかくの料理も美味しく食べれなかった時期でもあります。

で、学生時代は「中井」に住んでいまして、やがて就職し、会社が山手線「御徒町駅」に

ありまして、西武新宿線「中井駅」-「高田馬場」乗り換えー「御徒町」

近いようで、西武線が各駅停車なので小一時間くらいかかりました。


map.gif



学生時代は良かったんですが、会社勤めは遅刻が出来ない。

1日10時間くらい寝ていた私にとって、朝はもっと寝ていたい!

もっと会社の近くに越したいと思うようになりました。

そこで、またアパートを探して、やっと見つかったのが、大塚駅で、1万8千円の

5畳ほどの、風呂無し、共同便所のやっぱりボロアパートです。


ここでの生活をまたいつか、お話します。

ここまで読んでくださってありがとうございます。かなり飛ばしました。

次は「大塚~!おおつか~!」です。

100904-1.jpg
(今日の空っ: 絵に描いたような快晴!)



↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
テーマ:小さな幸せ
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。