上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タバコ吸いたい!


おはようございます。

今日の表題ですが、私は今はタバコは吸っていません。

2年ほど前にやめました。でも吸いたくなります。


実は私小さい頃から喘息が出ていまして、

小学校の頃は、今のような吸入器が無く、薬も効かなく、

おさまるまで(数日)苦しんでおりました。


喘息はそれはそれは苦しいもので、もうほとんど呼吸が出来ない状態で、

夜も眠れず、母親に心配ばかりかけました。

だいたい発作が出るのが、秋口、運動会の頃で、練習を良く休んでいました。

ただ運動会までには治っていたので、幸いでした。


そんな喘息も大学の頃は良くなり、もう喘息は良くなったものと思っていました。

そうしたら30歳過ぎからまたで出したんですね。

今度は薬はあるものの、しっかりは効かなく、そんなに酷くは無いんですが

慢性的になってきました。 常に吸入器は携帯していました。


後から考えたら、私は結婚してすぐは、事務所から3駅ぐらいのところに

住んでいまして、通勤は自転車だったんです。甲州街道を。

たぶん排気ガスにやられたんだと思います。それとタバコの相乗効果。


私は例に漏れず(笑)、高校のときからタバコを吸い始め、

セブンスター、ハイライト、チェリー、NEXTとタバコを渡り歩き、

何度も禁煙しましたが挫折。


tobacco38.gif
(一番長く吸っていた、NEXT:ニコチン・タールが一番少ないんです)


「うつ病」になったら、これが、気分転換に非常に良くて、

気分を落ち着けるのに効果的だったのです。(言い訳でしょうか?)

1日に10数本。ヘビースモーカーじゃなかったです。しかも軽いNEXT。


でも大分に帰ってきて、呼吸器科の内科医に、「あなたはこのままだと

歳をとったら、喘息で苦しみますよ!」と脅されて、

ニコチンパッチ(ニコチンが含まれているシール状のものを貼って治療)で、

禁煙しませんか?と言われ、

聞いてみると、「9割の人がこのニコチンパッチでやめられる」

「しかし3割の人はまた吸い始める。だから禁煙できた後の我慢が必要」

と言われ、意を決して始める事に。


最後のタバコをじっくり味わって吸った後に、ニコチンパッチを貼り、禁煙開始!

そうすると、あ~ら不思議。ちっとも吸いたくならないじゃないですか?

ニコチンパッチのニコチンが皮膚から入ってくるので、

ニコチンを体が欲しがらなくなるのだそうです。

そのニコチンパッチを徐々に小さくしていって2ヶ月(8週間)

私は苦しまずにやめられました。不思議なものです。

「苦しみながらやっとやめられた」と言う人もいる中、簡単に。


そしたらあ~ら不思議。慢性的な喘息まで治っちゃいました。

もう喘息は治らないかと思ったんですが、この嬉しさは忘れません。


タバコをやめた人の中には、「もう煙を見るのもいや!」と

言う人が多いです。 もうタバコは受け付けなるのでしょうか?


そうそう、そして今日の表題ですが、私はタバコを時々吸いたくなるのです。

また吸い始める3割にはいるのでしょうか?


やっぱり息抜きのときでしょうか? ブログを書き終えたとき、食事の後、

コーヒーでくつろいでる時等に、吸いたくなるのです。

「おいしいだろうな~!」と私は思ってしまいます。

私は危険?でしょうか?


でもそう思いながらも2年間タバコを吸う事はありませんでした。

医者の一言が効いています。「歳をとったら間違いなく喘息で苦しみますよ」


ハイ喘息の苦しみは知っています。だから私はもう吸う事はないでしょう!

でもたまに吸いたくなるんだな~美味そうなんだな~!

いや吸いません!


100830-1.jpg
(今日の空っ)


100830-2.jpg
(今日のお月さんっ)



↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。