上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老いるということと、介護。


おはようございます。

今日の大分も晴れ、8時過ぎでも日差しが強かったです。

この時間でもちょっと散歩は、腰が引けます(昨日の事があってから)


調子は、あまり良くないです。

実は父親が早く起きて、クーラーを入れたみたい、で寒くて起きてしまいました。

自然に起きる分にはいいんですが、強制的に起こされると、

いつも調子が悪いんです。


さて表題の件ですが、私の両親は80を越えています。

いろんなところに「老い」が見て取れます。

まず耳が遠くなったこと。特に父親は酷いです。

だから二人の会話を聞いていると、話がかみ合っていない。

それでも会話が成立しているので、おかしくって。


それと、父親は足がかなり弱っています。

父親はずっと以前から、歩く事はあまりせず、すぐにタクシーを呼んで、

歩きません。足の筋力が弱っていると思われます。


1年半前に一度、床に座り込んで立てなくなって、私が起こしてあげたことがあります。

一旦立てると歩く事が出来、それからずっと、立てなくなることはなかったのですが、

3日前と昨日、連続して立てなくなりました。


昨日は、夕刊を取りに行こうとして、15時頃

(まだ夕刊が来ている時間ではないんですが、こんなところが老人か・・・)

玄関から出て、新聞が入っている門扉のところに行こうと

玄関の2段ある段を降りる途中でしりもちをついて、立てなくなったみたいです。

15時と言えばまだ、外はかなり暑い。 父親が立てなくなったことは誰も気がつかない。


母親が、父親が家にいないことを不思議に思って、外に出て、寝転んでいる父親を

見つけ、私を呼んで、起こしてあげた次第です。


この炎天下、もう少し発見が遅れると熱中症になったかもしれません。

父親は汗びっしょりでした。


母親の力では起こすことは無理。

私も非力なもので、父親が立とうとする意思がないと、

立たせる事は出来ないでしょう。


一旦立たせると、何とか歩く事ができます。


そして、昨日はもう一度、お風呂に入っているときに床にお尻をつけたまま

また立てなくなってしまいました。


かなり足が弱ってきている。これが老いることなんだと痛切に感じました。

そして、こんな父親を介護する日はもう遠くない事を認識し、

「うつ病」の私がどれだけ出来るかちょっと不安を感じました。

昨日は現実を突きつけられた日になりました。


今日はまた歩けるようになっていました。

父親は「糖尿病」の検査で毎月1度病院に行っています。今日がその日。

内科のお医者さんですが、ちょっと相談してみるように言っています。

リハビリ的なことが必要なのかな~? 

もう大分以前から、私は父親に歩くように何度も言っていたのですが、

本人にその気がないので、いくら言ってもダメでした。

今日父親の主治医が何か言ってくれるといいんですが。

帰ってくるのを待ちましょう。



100818-1.jpg
(今日の空っ)



↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。