上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

今日の大分は、雨。とうとう雨になりました。


うつの状況は、今日もはっきりせず、しかしながら、昨日までの

酷い状況からは脱しています。


このブログ、「うつ病」のブログなのに、写真のブログになったり、

音楽のブログになったりしています。


まあ私のブログですから、勝手にやらせていただきます(笑)


今日は、今のギターになるまでの楽器変遷史です。


私が、楽器というものを、自主的に弾き出したのは、

最初は「ウクレレ」でした。

私の8歳上の叔父(父親は長男で、8人兄弟。その末っ子の叔父)は、

音楽好きでした。

私の小学校の頃には、もうステレオを持っていまして、

「ポール・アンカ」や「ニール・セダカ」等、よくレコードを聞かせてもらいました。

その叔父が、「ウクレレ」を持っていたんです。

私が中学生の頃です。ちょっと弾かせてもらいました。


なんだかポロロンと音が気持ちいいんです。興味わくわく!

母親に大分おねだりして、買ってもらいました。

そして、教本。その教本に載っていたのは、確か「バラが咲いた」が

載っていたと思います。和音を(コード)を覚え、弾きながら歌う。

なんという快感なんでしょうか! 一気にとりこになりました。


その頃は、ちょうど「加山雄三」の若大将シリーズで、「加山雄三」の

曲を、弾いて歌えるようになりました。 もう高校生になってたのかな?

「夜空の星」「君といつまでも」「旅人よ」等々。

「マイク真木」や「加山雄三」はギターを弾いていました。

私の興味は、だんだんギターに。 母親に再びおねだり・・・

高くて、買ってもらえませんでした。(ーー;


そうしたら、縁というものはあるもんですね。高校の同級生が

フォークギターを持っている。しかも今は弾いていない。 

それは借りるしかありません。


いやー!最初は苦労しました、「ウクレレ」と違って、コードを押さえるのに

握力がいるんです。しかも指は痛くなる。ギターとはこういうものなのか!

「ギター」が偉大なものに思えました。

それから来る日も来る日も練習。その熱心さが母親を動かしました。

晴れて、ギターを買ってくれることに。最初の「フォーク・ギター」1万2千円。

もう手元に無いんで、メーカー名は忘れました。


これは、大学時代に新しいギターを買ったので、先輩にあげてしまいました。


大学時代、「フォークソング同好会」に入ったら、その1万2千円のギターは、

フレット音痴、音に迫力が無い、みんないいギターを持っている。

これは買うしかない。この時代の平均されリーマン初任給は3万円くらいだったと思います。

そして、親からの仕送りも3万円。で、こつこつ貯めて、買ったのは3万円のギター。

「Jumbo」というギターです。3万円! このギターずいぶん活躍しましたが、

結婚とともに弾く機会が無くなり、押入れへ。長男が大きくなって、

そのギターは、息子にあげてしまいました。


ギター持ってない暦、15年位かな?ブランクがありました。

そして、大分に帰ってきた50代。再び高校時代の友人と「オヤジバンド」をやることに。

でも息子にギターをあげてしまった。 

実家にあるのは、弟が買ってほとんど弾かなかったたぶん1万7千円くらいのギター。

メーカーは「roje」(メーカは全音)というギター。これが音に迫力が無い。

バンドを本格的にやるのには不向き。


もう「うつ病」で、仕事もままならないのに、またギターを買わなきゃ・・・(--;

ここでまた、ギターに縁がありました。

私の2年後輩にあたる、S君が、ギター収集マニア。何本も持っているんです。

「好きなのがあったら安くしておきますよ」とのお言葉。

そして選んだのが、1980年モデル「K.Yairi」YW600 当時の定価で、6万円。

楽器というのは値落ちしないもの、今買っても6万円。

傷有り、ピックガードが熱か湿気で、波打っている。など考慮し、

3万円で買いました。これが良い音するんです。

という事で、今の愛用のギターは下記写真の「K.Yairi」です。

という話でした。


100613-1.jpg


100613-2.jpg


さて恒例の今日の空ですが、雨です。


100613-3.jpg
(今日の空っ) 



↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。