上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大分舞鶴高校

こんにちは。今日は雨です。 散歩は中止です。 残念です。

そこで、今日は、我大分県の名門校「大分舞鶴高校」について語ろうと思います。


他県の人たちに、名前の知れている大分の高校は何処だろう?

と考えた時に、これまた年代で変わってくる。


今は何処の高校が、世間には名前が知られてるんだろう。


そうそう、高校バレー女子の「東九州龍谷高校」はご存知でしょうか?

優勝の常連校(かつての「扇城高校」)になっています。


私が高校時代、1970年代~は、高校野球を見る人が多く(今でも多いですが)

現在では「明豊高校」が、良く甲子園に出ています。


で、’70年代、高校野球で、この頃の大分県で有名だったのは

「津久見高校」と、「大分商業高校」です。

「津久見高校」は、春と夏1回ずつ優勝をしています。


そして、70年代中盤くらいからは、高校ラグビーが人気が出てきまして、

ラグビーは、今と比べて、高校だけではなく、大学も社会人も人気がありました。

そのラグビー大分県代表は、ほとんど毎年「大分舞鶴高校」です。今でも。

優勝も1回あります。


sannpo 0033 

大分川の対岸から「大分舞鶴高校」を望む:昨日散歩時に撮影。曇り空で残念


「大分舞鶴高校」で、ほかに有名な事。

それはなんといっても「南こうせつ」と「伊勢正三」の母校なんです。

「正やん」は確か「こうせつ」の2年後輩だったと思います。


で今日は曲もいっちゃいます。「かぐや姫」?いえ今日は違います。

他にも、有名な曲があるんです。


先ほど言いましたように、高校ラグビーの常連校。

1984年は決勝戦まで進み、「天理高校」と決勝を戦いました。

終了間際、2点負けてて、終了直前のゴールキックが決まれば同点で両校優勝です。


大分県民は、みんな祈ったと思います。

しかし外れてしまいました。その瞬間「ノーサイド」(試合終了)


この試合をモデルに作られた曲が、「ユーミン」の「ノーサイド」だそうです。





今日は大分の名門校である「大分舞鶴高校」のエピソードをお送りしました。


↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。