上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。今日は過去のお話を。これはまだ離婚する前の話です。


10年ほど前、

うつになって、数年たったころ、自営業の仕事がなかなか上手くいかず、

家庭に入れるお金は、いままで貯めていた、貯金を切り崩しながら、

入れていました。


「あ~これはそのうちなくなるな~!」という不安、

というより恐怖といった方が良いでしょう。

「何とかしなければ!」


求人のチラシを眺める毎日。

「うつ病」でもあり、人と触れ合うのが苦手な私は、

なんとか人と話をしないですむ仕事はないか?探しました。


そこで見つけたのが「宅配便」

一番良いのは、「宅配便」の仕分け作業だと思ったのですが、

朝がすごく早いし、確か1日に稼げる金額は、配達の方が良かったと思います。

自分の車を持ち込んで、やってみることに。


人とのかかわりも、お客さんに

「宅配便です」「印鑑お願いします」「ありがとうございました」と

言うだけで事がすみます。

これだったら、何とかなるかな・・・


ちょうど年末で、かきいれどきのバイト募集でした。

バイト代は1件運んで、100円。これだけ。


最初は、社員の車に一緒に乗って、研修。

最初は、社員のやることを、3~4件見て、「さあ、こんな感じだ、ちょっとやってるか?」

私「はい」


荷物を持って、玄関へ、チャイムを押す。中から「は~い!」の声とともに

家の人が出てきます。「宅配便で~す!」「印鑑お願いします」に

「ご苦労様!」のねぎらいの声。最後に「ありがとうございました!」

出来た! これなら何とかなるか?・・・


もう昔の事でよく覚えていないのですが、1日数十件が、私には目いっぱい。

社員は、もちろん100件以上軽くこなします。

1日の配達が終わって、最後に伝票の事務手続きをやって終わり。

社員の人が話しかけてくるが、これがちょっと苦手。

なるべく早く切り上げて、帰宅していました。


でもいきなり、丸1日の仕事。

疲れたし、うつにとっては、ちょっと無理があったでしょうか。


しゃべる事は、自営業やってた頃より話さなくて良いので、

こちらは大丈夫だったのですが、

やはり睡眠障害もあったし、定時に出勤しなくてはいけない事が、辛かった。


しかも朝8時から、夕方まで。

しかし不在者のところから連絡があると、夜も配達。

この頃は携帯がまだない時代ので、ポケベルで呼び出されるんです。

そしてこちらから、会社に電話すると

「~さんから、連絡があって、今いるので配達してください」と。

こんな時は、夜も配達。 ほとんど荷物はその日に片付けます。

結構きつかったです。


そして、だんだん、うつ状態が酷くなってきて、気力がなくなり、

でも責任があるから、無理にでも行っていました。これは結構辛かった。


やめるきっかけになったのが、「宅配便」は重さが制限されているのですが、

その辺は当時はいいかげんで、結構重たいものがあります。

或る日、確か「米」が入ってて、かなり思い荷物が、

これを3階まで運んでいる途中に、腰が「グキッ!」「痛い!」

「ぎっくり腰」ではありませんが、腰を痛めてしまいました。

その後は、普通の荷物でも、腰が痛み、仕事続行不可能に。

会社の人に告げて、やめる事にしました。


いや、その時は、腰の痛みより、うつのほうが酷くなっていたので、

やめる良い言い訳になりました。


このときは、ほっとしたな~! 

辛かったもんな~!そのあと数日は寝込んだと思います。

たしか、20日くらいやったと思います。

でも良く頑張ったと思います。


これが、うつになって、唯一外で働いた仕事です。


昨日書きましたが、今は収入を得ることを焦っています。

でも、昨日、「数日は仕事の事や勉強はやらない!」と決めたら、

なんだか、胸の辺りが「す~っと」楽になりました。

やはり、仕事の事が、負担になっていたんですね。


やっぱりまだ頑張らない事にします。


そして仕事できるようになったら、また宅配便の、

仕分け作業くらいから、はじめられるかな~? とも思っています。

これが人とかかわらなくて良い、数少ない仕事だと思うから。


ただ、やってみないとわからないです。




↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。