上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「強迫神経症」私の場合は、電気を消したか?タバコは消したか?

鍵をかけたか、何度確認しても、気になって、

最後に事務所から出る時に、帰れなくなってしまう症状でした。


そして、私は「うつ病」のことや、事務所家賃、通勤時間、交通費、

早朝覚醒、も含め、「強迫神経症」を直すために、

逆に手荒い療法に出ました。


事務所を自宅の近くに1人で借りると言う方法。

これだと必ず、確認作業をして、自宅に帰らなくてはいけません。

そういう状況にしてしまいました。

それまでの経緯は「こちら」に書いてあります。


(事務所は3人で借りていたので、私が先に帰るときは、
 
 自分の回りだけ確認すれば、後は友人の2人任せ。

 ただ、それまでに、自分が最後になるんじゃないかって、

 そちらの方も強迫観念が付きまとって、辛い日々が続いていました)



「うつ病」もだんだん悪くなってきましたが、まだその時は、

「強迫神経症」の方が、心理的に応えていました。


「うつ病」も早朝覚醒が一番辛く、倦怠感、やる気の無さ、などありましたが、

「強迫神経症」のほうを、とにかく治したかった。


事務所を変わる事を、一緒に借りてた友人に告げ、

私は自宅の近くの不動産屋に。


2つ候補が見つかりましたが、木造のコーポだけれど、

割と新しく、自宅からも歩いて5分のところに、1DKの部屋を、

契約しました。

日当たりの良い2階です(これが後でまた問題になるのですが、それは後日)

家賃は6万円、1ルームで5万円くらいしていましたから、妥当だったんです。

今はもっと安いのでしょうか?


そして引越しは、業者に頼みました。

さて当日、引越しも終わり、片付けも途中で、まずは夕食を食べに帰ります。

この時は、また食事が終わったら事務所に戻るという、気楽さから、

3度くらい確認をして、帰ることが出来ました。


「意外と楽に、帰れたな・・・」が最初の印象。

そして再び、事務所に戻ってきて、片づけを済まして、

また、事務所から帰ることになります。


さて確認作業です。

やっぱり何度も確認しました、なかなか帰れません。

でも、なんだか以前と違うんです。

そう、自宅から事務所まで5分。

「気になればまた戻ってくればいいや!」と思うことが出来、

気が楽に。


この「気が楽」が、だんだん「強迫神経症」を楽にさせていったのです。


でも、しばらくは何度も確認作業はしました。

たぶん治るまでには1年以上かかったと思います。

いつの間にか、確認は1回ですむようになっていました。

こうして私の「強迫神経症」は治りました。

もちろん薬のおかげもあったと思います。



実は自宅を出る時も、この「強迫神経症」の恐怖に怯えていましたが、

こちらの方は、家内に打ち明けて、家内に最終確認をしてもらいました。

だから自宅は、結構問題なくすみました。

私は「強迫神経症」前向きに(私にとっては、強気に)治せましたが、
これは私に合ってただけで、
これを読んでいる方で「強迫神経症」の方は、
お医者さんに相談してくださいね。


後は、「うつ病」ですね。 こちらは、波があるだけで、

一向に右肩上がりの波になりません。


いつまで続くのやら・・・・



↓1日1ポチが励みになります↓ 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。