上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調子が悪いので、(中程度)今まで寝ていました。

今15時15分、13時半頃ねたから2時間弱寝ましたが、

あまり調子は戻っていません。


私の今の状況を書きます。

私はバツ一、仕事が調子が悪くなってから、離婚されたといっても良いかもしれません。

そして、川崎市から、田舎に帰ってきて、外でも働けないので、

実家で、厄介になっています。

収入はパソコンのアフィリエイトのみ。

たいした金額にはなりません。


私は音楽好き、だから音楽のブログも書いています。

後は引きこもりにならないよう、散歩をしているのですが、

昨日今日は調子が悪いので、パスしています。


実家では、父親と折り合いが悪く、

私一人とはいえ、実の息子だとは言え、

もう、一度違う生活をしているので、

生活パターンも違うし、ストレスが多いです。


実家は老夫婦2人だけなのに大きな家で、

吹き抜けがあって、集中冷暖房です。

一見豪華ですが、実際外面豪華なんですが、問題が・・・


私は2階の部屋で生活しています。

2階にトイレがありますから、食事と入浴の時くらい1階に降りればよいのです。

こういうと別々に生活しているような、プライバシーが守られているような

感じがしますが、この大きな吹き抜けが、問題なんです。


まず集中冷暖房。各部屋一斉に冷暖房できます。

今は冬。暖房を入れています。

しかし、1階に適温をあわせると、2階は、暖かい空気は上に・・・です。

だから熱くてたまりません。

特に父親が異常なくらい寒がり(夏は異常なくらい暑がり)

頭がボーっとしてきます。

部屋の窓を開けると、涼しい(?)風が入ってきますが、

この風は冷たい風、部屋の下に入ってきます。

だから頭はボー!足は冷たい。こんな調子です。


かくして、私の室温に対しての快適さは、ありません。

これが非常にストレスになっています。


そして、両親はもう耳が遠くなっています。だから声が大きい。

テレビの音が大きい。吹き抜けですので、1階の音が全部聞こえてきます。

これがたまりません。


吹き抜けですので、屋根勾配の壁に音が当たって反響し、大きい音のまま聞こえます。

父親の声がなんと大きいいこと。

だから昼間調子が悪くて寝てても、その声で起こされます。

起こされるほど気分の悪いものはありません。


これが第2のストレスです。

このストレスは大きいです。出来たら、ほかで暮らしたい。

でもほかに住む家賃もないんです。

川崎から帰ってきた時は一時、他のマンションを借りていました。

でもお金が底を付き、実家に帰ってきました。


しかし今は実家を出たくてたまりません。

「うつ」のためにも、出た方が、心穏やかになるでしょう。


こんな事言っちゃ・・・でも、これに尽きるのですが、

お金が欲しい。外で働けたら・・・・

お金が欲しい。・・・


お金がすべてとは言いませんが、これで解決できる事はたくさんあります。



今はこんなストレスを抱えて生活しています。

「うつ」には良い環境じゃないですよね。



ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
過去の話の続き、まずかかった「強迫神経症」の事。



私は「強迫神経症」なんだと分かって、結構有名な病院へ。

開業医で、その医師は、テレビにも出ていた有名人。


恐る恐る病院へ。 ちょっとためらいのあった後、心を決めて中に入りました。

ここは「内科」と一緒になってて、どの人が「精神科」か「内科」か

分かりません。


だから、ないかも併設しているのかなと妙に納得したものでした。


でも、問診は、看護婦が代理でやって、医者の診察は、2~3分。

「強迫神経症ですね。薬を出しておきます。」で終わり。

「え?、初診なのにこの時間?」


有名人だからこんなもの? 納得いきませんでした。

事務所に戻って、電話帳で、また調べました。

どこの病院が良いか分かりませんよね。

ましてや「精神科」他の人にも聞けません。


名前で選びました「代々木の森診療所」。

とあるビルの7階。

受付に行くと、「どなたかの紹介ですか?」の質問。

私「いや、電話帳で調べました」

「今日は3人の医師がおりますが、ご指名はありますか?」

私「いえ、ありません」と言うことで、待つことに。

2時間ぐらい待ったでしょうか?

名前を呼ばれて、診察室へ。

この時にお医者さんは「K」といって、ざっくばらんな人。

「私も安定剤飲んでるんですよ」っておっしゃる。

そして、30分以上話を聞いてくれて、なんだか安心して、診察を受けました。

逆になんだか安心。同じような症状をこのお医者さんは持っているんだって。


この時の薬は、忘れましたが、安定剤のようなものだと思います。

たぶん「レキソタン」だったと思います。

それに「ドグマチール」。

私は胃が悪く、長く悪かったのですが、お医者さんが、

「胃も、精神的なものじゃないですか?このドグマチールを飲んでみてください」

そして、ここから、精神科の薬歴が長く始まるのですが、

「強迫神経症」はなかなか良くならず、しかし胃の調子はぴたっと良くなりました。

「強迫神経症」はあせらず治すことにしました。


この日から、長い長い「ドグマチール」と「レキソタン」の薬漬けが始まります。


その後だんだん異変が起きてくるのですが、それはまた次回に。


朝方調子が悪かったのが、食事が済んで、次第に楽になってきました。

でもなんだか気分的にけだるいので、これから横になります。

また「次回」に。


ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

過去の事です。最初にかかった「強迫神経症のこと。


「強迫神経症」って調べるといろんなパターンがあるみたいです。

私の場合は、何度も「確認作業」をしないと不安になるというものでした。


私は大学卒業後、一旦は建築業界のサラリーマンへ。

そして、建築デザイン(建築パース)の「自営業」になります。


そして同じ仕事をする友人と東京は代々木に事務所を借り、

(ただ共同経営ではありません。別々で、電話もそれぞれに引き、家賃も分担)



そんな仕事をしてて数年、経った頃から、だんだんおかしくなっていくのです。

相方が、事務所から、私より遅く帰るときは良いのですが、

私の方が、後になった場合は、事務所を出る時は、

火の元や戸締りの確認をします。

その確認作業が、次第に1度では不安になり、2度3度と増えていきます。


「どうしてだろう?ちゃんとこの目で確かめたではないの・・・」


この頃は私も結婚をしていて、近くの渋谷区に住んでおりました。

一度帰宅しても、どうしてもストーブを消したかどうかが不安になるときが・・・

そんな時は、また自転車を走らせて、事務所に再確認しに行きます。

「アッ! やっぱり消していた」とりあえず不安は解消。


このように、もう一度事務所に戻ることは、月に1~2度くらいでした。


でも次第に、ガスストーブ(この頃はガスストーブを使っていました)や、

タバコの火の始末の確認。

建物の絵を描くので、絵の具を乾かすのに、ドライヤーを使ってました。

ドライヤーは電熱器なので、コンセントを抜いて・・・


だから、私が、後に事務所を出る時は、確認作業が多くなり、

次第にその確認作業が長くなってきました。

そんなことを数年やっているうちに、どんどん酷くなり、


電灯も消したかどうかまで気になり始めました。

電灯なんて、つけてても、電気代を食うだけなのに・・・

それだけじゃない、あらゆる電気製品のスイッチを切ったか何度も確かめるように、・・・


そして、一番困ったのが、鍵をかけたかの確認作業。

鍵をかけて、ドアノブをまわして、ドアが開かないのを確かめているのに、

鍵がかかっているのか信じられないんです。

「よし鍵はかかってる!!!」と思って、玄関から10メートルほど行くと、

また気になるのです。

また玄関に戻って確認。そうすると、今度は部屋の中のことが気になります。

タバコは確認したんだっけ???


はい、玄関を開けて、タバコの火の確認に部屋に入ります。

確認しても気になるので、吸殻は、全部紙に包んで、

外のごみ置き場に捨てます。


なぜって? ごみ置き場はみんなが通行しているところ。

もし火がついたら、誰かが消すだろうと、自分に納得させながら。


こんな日が続いていたのです。


毎日確認作業が、同じ事を何度もやったりしていて、

しまいには、事務所を出れなくなってしまいました。


家庭の医学で調べました。(その頃まだインターネットは、普及していなく)

そうしたら「強迫神経症」とあり、心療内科か精神科が専門分野。


「え?精神病なの??」

2~3日考え、事務所を出れない苦しさに耐えられなくて、

精神科に行くことになります。

この続きは、また後か、明日に書きます。

下記バナーをクリックお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

2ヶ月ほど調子がよい日が続きました。 

医者に相談して、自分で調子を見ながら「セニラン(レキソタン)」を

減らしてみれば、良い。と言うことで、

朝2錠(4mm)飲んでたのを2日から、1錠にしてみました。


そうしたら、5日までは、普通に過ごせたのですが、

6日、そう昨日ですが、いや~な夢を見まして、

気分が落ちてしまいました。


そしてうつ状態に(ただそんなに重くはありません)

仕方無しに「セニラン」また2錠に増やしました。


そして本日の目覚めは、・・・よくありません。

また朝、「セニラン」2錠です。


よくうつは、朝方が悪くて、夕方に向かって次第に快方に向かう、とありますが、

私もその典型的なタイプのようです。

次第に良くなるのを待ちます。



そう、私のうつ状態のひどい時は、もう寝ているしかありません。

寝てて、眠れればよいのですが、眠れないと苦しいまま横になっている。

つらいです。


この状態が2ヶ月以上なかったんです。

今の状態は胸の辺りが重く、ただ寝込むまではないといった状態。(中うつの状態)


また薬減らし失敗です。

これを何度繰り返したことか。

今回は念のために2ヶ月も様子を見たのに、

ちょっとがっかりです。

また様子見です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村


「うつ」のブログの設定に遅くまで起きてました。 

最近2ヶ月は、「うつ」の調子は良いんです。

だから、ブログを始めることにしました。


「うつ」の人は、人見知りする人が多く、私もその例外ではありません。

だから出不精になるし、人とのかかわりを避けて通るんです。

しかし、お話したいんですね。矛盾していますが、これが本当の私の気持ちです。


最近の状態を少しずつ、お話していきます。

本日はもう午前様で、睡眠障害が出るといけないので、

そろそろ寝ることにします。

明日(もう今日になりましたが)から少しずつお話していきます。

よろしくお願いします。



ランキングに参加です。
ぽち、よろしくお願いします。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。